トップページ >労働問題Q&A >普通解雇と懲戒解雇はどこが違いますか?

労働問題Q&A

普通解雇と懲戒解雇はどこが違いますか?

会社の経理処理を重大ミスによって間違え、取引先に多大な迷惑をかけた経理係の従業員Аを解雇することにしました。しかし、Аの将来等も考え、普通解雇にするか懲戒解雇とするかの結論が出ていません。いずれをとるかで事後の影響はどう変わりますか。また、解雇手続き上、どのような点に留意すべきですか。

 

解雇のうち、懲戒解雇は従業員の企業秩序違反などに対する制裁としての処分として行われるものをいい、それ以外の解雇を、懲戒解雇と区別する意味で普通解雇というのが一般的です。懲戒解雇の場合は、即時に解雇されたり、退職金が減額されたり不支給となる場合があるため、従業員にとって、より不利益が大きいといえます。

そのため、懲戒解雇の有効性を判断する場合は、①就業規則上の懲戒解雇事由に該当すること、②従業員の行為として処分することとのバランスがとれていること(相当性)、③適正手続きの保障など罪刑法定主義に準じた措置がとられていることなどの点から、普通解雇に比べ厳格に判断されています。