トップページ >労働問題Q&A >能力不足を理由に解雇することはできますか?

労働問題Q&A

能力不足を理由に解雇することはできますか?

経営コンサルタント事務所を経営しています。税理士資格を持っていない従業員Bに、税申告の補助業務を担当させていましたが、その仕事振りからして、能力が不足していると判断して解雇すると通知しました。すると、その後、Bから解雇理由の説明を求められたため、能力不足と判断した点を具体的に指摘したところ、「今まで特に注意されたことのないのに、仕事ができないと初めて指摘された。それを理由に解雇するのは、解雇権の濫用で無効だ」と抗議してきました。このような場合には、解雇権の濫用に当たるのですか。

仮に就業規則に「職務遂行能力が就業に適さないと認められたときは解雇する」旨を定めていたとしても、解雇は、客観的合理性・社会的相当性が認められなければ、権利の濫用に当たり無効とされます。能力不足が使用者の主観的な判断だとすれば、それを客観的な事実として主張立証することが難しい上に、能力不足と判断する前に使用者として十分な指導、教育訓練を行っていたか否かなど解雇を回避する努力など行われたかが問われることになります。