トップページ >労働問題Q&A >従業員が突然やめた場合、給与はすぐに支払わなければなりませんか

労働問題Q&A

従業員が突然やめた場合、給与はすぐに支払わなければなりませんか

従業員に店長を任せていましたが、職務怠慢が目立つので、店長を解任したところ、「今日で辞めるので、これまでの給与を振込ですぐに支払ってほしい。」と言って辞表を提出しました。

給与の締めまで間があり、これまで手渡しで支払ってきました。このような場合でもすぐに給与を支払わなければならないのでしょうか。

退職に際して、従業員と会社側とトラブルになる場合がありますが、だからといって、実際に働いた分の賃金を支払わないわけにはいきません。

退職者に対する賃金の支払いは通常の支払日と異なり、退職者が賃金の支払いを請求したときから7日以内に支払うこととなっています。