トップページ >労働問題Q&A >契約期間の途中で解雇しましたが、残期間の給料を負担しなければなりませんか?

労働問題Q&A

契約期間の途中で解雇しましたが、残期間の給料を負担しなければなりませんか?

1年契約の従業員を、経営の都合上、8ヵ月間で解雇せざるを得ない事態になりました。この場合、残り4ヵ月分の賃金を支払わなければならないのですか。支払って解雇した後に、すぐ他の会社で働いたら、従業員が得することになるようで納得できません。

1年契約という約束で採用したのであれば、当然、その期間中は雇用する義務があります。それを会社側の都合で、従業員に過失がないのに8ヵ月で解雇するのであれば、会社側には、解雇によって生じた損害を賠償すべき義務が生じることがあります。

 

 この場合の賠償額は、「解雇がなかった場合に得られたであろう賃金」つまり、残りの期間分の賃金と考えられますが、具体的な金額については、従業員と話し合って決めるべきものです。

 ただ、従業員さんが、すぐ他の会社で働いて別収入があった場合に、これを考慮して、損害賠償額(残期間に応じた賃金)が減額される余地も考えられます。