トップページ >最新人事労務情報 >2012年2月 記事一覧

最新人事労務情報

2012年2月 記事一覧

受動喫煙防止対策助成金制度

 飲食店、ホテル、旅館など、顧客が喫煙できることをサービスの一環として提供している職場でも、従業員の健康を守るために、一般の事業場と同様の受動喫煙防止対策を行う必要があります。
 しかし、事業の特性上、受動喫煙防止対策が遅れがちなことから、厚生労働省ではこうした事業を営む中小企業を対象に、喫煙室の設置などに要した費用の一部を助成する制度を設けています(助成率1/4、上限200万円)。

 ⇒
詳しい内容はこちら(助成金ニュース)

中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

保育園にて新入社員研修を行いました

 横浜市中区の保育園にて、新入社員研修(マナー研修)を行いました。 
 アンケートの結果、内容の濃い研修でためになった等の感想を頂き、参加者の方々に大変好評でした。

日   時:2012年2月25日(土) 9:20~

参加人数:30名
中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

特別加入者の給付基礎日額変更の申請時期が変わります

平成24年度分から特別加入者の給付基礎日額変更の申請時期が変わります。

申請可能な時期は
平成24年3月18日~3月31日
平成24年6月1日~7月10日(年度更新期間)です。
これ以外の時期には申請ができませんので、ご注意願います。
なお、災害発生後の変更は認められません。 

詳しい内容はこちら(神奈川労働局リーフレット)
中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

心療内科カウンセラー うつ病で労災認定

 鎌倉市の心療内科にカウンセラーとして勤めていた女性(45)が、院長の男性からパワハラを受けてうつ病になったとして労災の適用を申請し、藤沢労働基準監督署が申請を認めたことがわかった。
 
代理人の田中誠弁護士によると、女性は2008年4月から同市大船2丁目の「信愛クリニック」に勤務。当初は男性院長との関係は良好だった。

 ところが09年12月末、診療方法について注意を受けた。翌年1月からは電話番を中心とした業務に変えられ、退職を求められた。
 
 院長は同月、女性へのメールで「私によってあなたは組織から排除される」「あなたは変態人格障害者」などと罵倒。女性は同月末に重度ストレス反応・うつ病と診断され、4月から休職した。同年8月に労災を申請し、今月になって認められた。

 田中弁護士によると、労基署は院長の言動について「業務指導の範囲を逸脱し、人格や人間性を否定する言動が執拗(しつよう)に行われた」として、うつ病との因果関係を認めたという。

 信愛クリニックはホームページに「職場うつ」と題したコーナーを開設。働く人のうつ病の主因の一つを「職場の上司との関係」などと説明し、治療を呼びかけている。
 
 院長は取材に対し、「人格を攻撃するようなメールを送ったのは事実で、不適切だった」と説明。その上で「女性はその後も4月までは通常通り勤務し、メールがうつ病の原因とは思えない。労基署の判断は残念だ」と話した。

(労働問題:読売新聞より)
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

神奈川県内における労働災害

平成23年 死亡災害発生状況

 神奈川県内における平成23年の労働災害として本年1月4日現在把握しているもののうち死亡災害は49人と、昨年の同期(48人)と比べ1人の増加となっています。
 増加している業種は建設業、製造業、陸上貨物運送事業、その他、港湾荷役業となっています。

詳しい内容はこちら(神奈川労働局HP)
中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

読売新聞【マイベストプロ神奈川】岡本孝則のページのコラムを更新しました

読売新聞が運営する頼れる神奈川の専門家WEBガイド【マイベストプロ神奈川】に当事務所 所長 岡本孝則のコラムを更新しました。

【マイベストプロ神奈川】コラムはこちら
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

労働移動支援助成金の改正が予定されています

 労働移動支援助成金は、事業活動の縮小などに伴い、離職を余儀なくされる労働者に対して再就職支援を行った事業主に支給するもので、次の2種類の給付金があります。
 
給付金 対象となる事業主 給付額
求職活動等支援給付金 求職活動などのための休暇を付与した事業主 1人につき休暇1日当たり4,000円(中小企業事業主の場合:7,000円)
再就職支援給付金 民間の職業紹介事業者に再就職支援を委託し、再就職を実現させた中小企業事業主 委託費用の1/2(限度額:1人当たり40万円)


平成24年4月1日から制度改正が予定されています。

求職活動等支援給付金⇒廃止

再就職支援給付金⇒要件追加
「求職活動などの為の休暇を付与し、その休暇日に、通常支払う賃金の額以上を支払った事」

⇒詳しい内容はこちら(助成金ニュース)
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

雇用調整助成金及び中小企業緊急雇用安定助成金ガイドブック

厚生労働省より雇用保険法に基づく雇用調整助成金及び中小企業緊急雇用安定助成金の申請方法等をとりまとめた最新ガイドブックが公表されています。
 様式、記載方法、注意点が記載されておりますので、ご参考にしてください。

※このガイドブックは平成23年12月時点のものです

詳しい内容はこちら(助成金ニュース)
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

平成23年12月分の神奈川労働市場月報

平成23年12月分の神奈川労働市場月報が発表されました。

○12月の有効求人倍率(季調値)は、0.51倍、前月から0.01ポイント上昇。
○12月の新規求人倍率(季調値)は0.85倍、前月から0.03ポイント上昇。

 県内の雇用情勢は、水準としては依然として厳しい中で、足下では、緩やかな持ち直しの動きが続いている状況であるが、今後については、長引く円高や海外経済の減速懸念から企業の景況感が悪化しており、雇用への影響について注視していく必要があるとのこと。

よりくわしくはこちら(神奈川労働局HP)
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

外来診療でも認定証が使用できるようになります

 医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う自己負担額が、1か月(暦月:1日から末日まで)単位で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する「高額療養費制度」があります。

 これまでの高額療養費制度の仕組みでは、入院される方については、「限度額適用認定証」などの提示により、窓口での支払いを自己負担限度額にとどめることが可能でしたが、外来診療では窓口負担が限度額を超えた場合でも、いったんその額を支払う必要がありました。

 平成24年4月1日からは、外来診療についても「認定証」などを提示すれば、自己負担限度額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。

よりくわしくはこちら(厚生労働省パンフレット)
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

平成24年度健康保険料率の決定

平成24年度健康保険料率が、2月9日に正式に厚生労働大臣に認可されました。

神奈川 健康保険料率  9.98%
東京都 健康保険料率  9.97%

介護保険料率  1.55%(全国一律)

40歳から64歳までの被保険者の方は、健康保険と介護保険合わせて11.53%となります。

会社にお勤めの方は3月分(4月納付分)から、任意継続の方は4月納付書から変更となります。

加入者ご本人がお支払いする保険料の増加額は目安として以下の通りとなります。

神奈川の場合、月収(税引き前)が
15万円の方だと、約370円(介護保険料込みは約400円)
20万円の方だと、約490円(介護保険料込みは約530円)
30万円の方だと、約740円(介護保険料込みは約800円)
41万円の方だと、約1000円(介護保険料込みは約1090円)

保険料率額表はこちら
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

平成24年度健康保険料率の見通し

平成24年度の各都道府県支部の健康保険料率案が了承されました。
神奈川支部については、下記の料率で了承されています。

健康保険料率  9.98%
介護保険料率  1.55%(全国一律)

今後厚生労働大臣の認可が下りると決定となります。

全国の都道府県単位保険料率案はこちら
中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

賃金についてのきまり

(1)賃金額についてのきまり

 「最低賃金法」によって、使用者が支払わなければならない賃金の最低限度額が定められています。最低賃金は都道府県ごとに決まっていて、例えば神奈川県では時給836円です(平成23年10月現在)。
 たとえ、労働者が最低賃金より低い時給で働くことに同意したとしても、その契約は法律によって無効となり、最低賃金額と同額の契約をしたとみなされます。

(2)支払い方についてのきまり

通貨払いの原則:賃金は現物(会社の商品など)ではなく、現金で支払わなければなりません。ただし、労働者の同意があれば、銀行振込みなどの方法をとることができます。

直接払いの原則:賃金は成年・未成年にかかわらず、労働者本人に支払わなければなりません。

全額払いの原則:賃金は全額まとめて支払わなければなりません。「積立金」などの名目で、強制的に賃金の一部を控除(天引き)して支払うことは禁止されています。ただし、所得税や社会保険料など、法令で定められているものの控除は認められています。

毎月1回以上定期払いの原則:賃金は毎月1回以上、期日を定めて支払わなければなりません。そのため、2か月分をまとめて支払ったり、「毎週第4金曜日」など変動する期日としたりすることは認められません。ただし、臨時の賃金や賞与(ボーナス)は例外で、定期払いの原則は適用されません。


☆制裁規定の制限(労働基準法第91条)

 労働者が職場の秩序を乱したり、規律に違反したりしたことを理由に、制裁として賃金の一部を減額することを減給といいます。1回の減給金額は、平均賃金の1日分の半額を超えてはなりません。
 また、複数回の規律違反をしたとしても、減給の総額が1回の賃金支払期における金額の10分の1以下でなくてはなりません。
 また、減給の制裁を行うには、あらかじめ就業規則で定めておく必要があります。

☆休業手当(労働基準法第26条)
 使用者の責任で労働者を休業させた場合には、使用者は平均賃金の6割以上の休業手当を支払わなければなりません。
中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

被災者雇用開発助成金が拡充

10人以上の継続雇用で支給額が上乗せされます。

被災者雇用開発助成金とは、
●東日本大震災による被災離職者または被災地域に居住する求職者を
●ハローワーク等の紹介により
●継続して1年以上雇用する予定で雇い入れる
事業主様に対して、6ヶ月ごと2期に分けて助成金が支給される制度です。

 この助成金の対象となる労働者を10人以上雇い入れ、1年以上継続雇用した場合、1事業主につき1回、助成金が上乗せされます。

【支給額】
中小企業事業主 90万円
 大企業事業主 50万円

 ⇒詳しい内容はこちら(助成金ニュースへ)

  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

改正育児・介護休業法が全面施行されます

男女ともに仕事と家庭が両立できる働き方の実現を目指し、平成21年に育児・介護休業法が改正されました。
 従業員数100人以下の事業主様jには、これまで以下の制度の適用が猶予されていましたが、本年7月1日からは、全ての企業が対象となります。
 新たに対象となる企業では、あらかじめ制度を導入した上で、就業規則などに記載し、従業員に周知する必要があります。
 施行まで半年を切りましたので、制度の導入が済んでいない場合は、早急に対策が必要です。

【平成24年7月1日から適用となる 改正育児・介護休業法の主な制度概要】

(1) 短時間勤務制度
 ・ 事業主は、3歳に満たない子を養育する従業員について、本人が希望すれば利用できる短時間勤務制度を設けなければなりません。
 ・ 短時間勤務制度は、就業規則に規定しているなど、制度化されている必要があります。運用だけでは不十分です。
 ・ 短時間勤務制度は、1日の所定労働時間を原則として6時間とする措置を含めなければなりません。
(1日の所定労働時間を6時間とする短時間勤務を選ぶことができる制度を設けた上で、そのほか、例えば1日の所定労働時間を7時間や5時間にする措置や、隔日勤務で所定労働日数を短縮する措置などをあわせて設けることも可能です。)

(2) 所定外労働の制限
 ・ 3歳に満たない子を養育する従業員が申し出た場合には、事業主は、所定労働時間を超えて労働させてはなりません。ただし、事業の正常な運営を妨げる場合は、事業主は従業員の請求を拒むことができます。

(3) 介護休暇
 ・ 要介護状態(※)にある家族の介護や世話を行う従業員は、事業主に申し出ることにより、介護する家族が1人ならば年に5日、2人以上ならば年に10日まで、1日単位で休暇を取得することができます。

 ※ 「要介護状態」とは、負傷、疾病または身体上・精神上の障害により、2週間以上の期間にわたって常時介護を必要とする状態をいいます。

⇒詳しくはこちら(厚生労働省パンフレット)
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

被保険者の住所が変わった場合の届出

被保険者(健康保険・厚生年金保険に加入している人)の住所に変更があった場合には、「健康保険・厚生年金保険被保険者住所変更届」を管轄の年金事務所に提出します。
 扶養の配偶者のみの住所変更の場合は、2枚目の「国民年金第3号被保険者住所変更届」のみ提出します。
 保険証については、差し替えはありませんので、ご自身で裏面のご住所を書き変えてお使いください。

申請書はこちら
  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

既卒者育成支援奨励金

今後、人材需要が見込まれる成長分野の中小企業と、厳しい雇用環境の中、卒業後も就職活動を継続中の3年以内既卒者とのマッチングを図り、長期的な人材育成につなげるための奨励金です。

まずは対象者を6カ月間有期雇用し、その間に、座学等(OFF-JT)の研修を行い、その後、正規雇用に移行させた場合、対象者一人当たり最大125万円の奨励金が支給されます。

【奨励金支給額】
○ 有期雇用期間(原則6カ月)
・・・対象者1人につき月額10万円(最大60万円)
○ 有期雇用期間の座学等に要した経費(3カ月以内)
・・・対象者1人につき月額上限5万円(最大15万円)
○ 有期雇用終了後の正規雇用での雇い入れ
・・・対象者1人につき50万円(正規雇用から3カ月定着した場合に支給)

詳しい内容はこちら(助成金ニュースへ)

  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)
最近のニュース ニュースカテゴリー 過去のニュース
事務所紹介動画
  • 労働問題Q&A
  • 最新人事労務サービス
  • お客様の声
  • 料金案内
  • 適性診断
  • 適性診断
  • メールマガジン
  • リンク

横浜の社会保険労務士
岡本経営労務事務所
〒227-0062
神奈川県横浜市
青葉区青葉台2-10-20
第2志田ビル3階
TEL:045-988-5155
FAX:045-988-5165
お問い合せフォーム