トップページ >最新人事労務情報

最新人事労務情報

転職、「確定拠出年金」手続きを 放置すると資産減の恐れ

 先細る公的年金を補うために積み立てられたお金を放置していませんか? 勤め先で企業年金に加入していた人が転職したときなどに、手続きをしないと知らぬ間に資産が年々目減りしている可能性があります。

 関係するのは、運用次第で給付額が変わる確定拠出年金(DC)。会社が社員のために掛け金を出す「企業型」と、自分で出す「個人型」がある。

 企業型の加入者が転職や退職すると、それまで積み立てた年金資産を他の制度に移すといった手続きが必要になる。(1)転職先の企業型DCに資産を移す(2)新たに入る個人型DCに資産を移す(3)脱退一時金として受け取る――などの選択肢がある。

 ただ、6カ月以内に手続きをしないと、資産は自動的に国民年金基金連合会に移される。移された後は、運用もされず、ただ保管されて手数料だけが毎月51円ずつ引かれていく。同連合会によると、手続きをせず放置している人は2013年度末時点で約43万6千人、資産額は計約1017億円に上る。

 他のDCに移って運用しても手数料はかかるが、「掛け金全額を所得控除でき所得税が安くなるなど税制上のメリットが大きい」(同連合会担当者)。退職後に住所変更をした場合、届け出をしないと、通知などを受け取れないので注意が必要だ。

 

中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

最近のニュース ニュースカテゴリー 過去のニュース
事務所紹介動画
  • 労働問題Q&A
  • 最新人事労務サービス
  • お客様の声
  • 料金案内
  • 適性診断
  • 適性診断
  • メールマガジン
  • リンク

横浜の社会保険労務士
岡本経営労務事務所
〒227-0062
神奈川県横浜市
青葉区青葉台2-10-20
第2志田ビル3階
TEL:045-988-5155
FAX:045-988-5165
お問い合せフォーム