トップページ >最新人事労務情報

最新人事労務情報

確定拠出年金の運用会社5年で見直し 厚労省、企業に促す

 厚生労働省は私的年金の一つである確定拠出年金の実務を担う運用会社を定期的に見直すよう企業に義務づける。運用会社が固定化すると、手数料が高い商品で運用を続けてしまうといった弊害が出かねないためだ。少なくとも5年ごとに金融機関を見直す努力義務を事業主に課す。

 確定拠出年金は公的年金に上乗せする私的年金の一種で、企業型と個人型がある。個人が商品を選び、その運用成績によって受取額が変わる点が特徴だ。

信託銀行などの運営管理機関が運用商品の情報提供や顧客情報の管理を担う。見直しの義務づけに関する規定が6月に公布された改正確定拠出年金法に盛り込まれており、今後政令で施行囗を決める。2018年からの開始となる見通しだ。

 これまでは見直しについての規定がなく、企業と取引関係がある金融機関に運営を仟せきりにしてしまうなどの問題があった。明確な規定が盛り込まれることで、加入者から見直しに向けた働きかけがしやすくなる効果も期待できる。 金融機関側に競争を促し、サービスの改善につなげる狙いもある。確定拠出年金は来年から原則全ての現役世代が加入できるようになる。(日本経済新聞)

  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

 

最近のニュース ニュースカテゴリー 過去のニュース
事務所紹介動画
  • 労働問題Q&A
  • 最新人事労務サービス
  • お客様の声
  • 料金案内
  • 適性診断
  • 適性診断
  • メールマガジン
  • リンク

横浜の社会保険労務士
岡本経営労務事務所
〒227-0062
神奈川県横浜市
青葉区青葉台2-10-20
第2志田ビル3階
TEL:045-988-5155
FAX:045-988-5165
お問い合せフォーム