トップページ >最新人事労務情報

最新人事労務情報

フィリピン人実習生の過労死認定 岐阜労基署が申請促す

 外国人技能実習生として岐阜県の鋳造会社に勤務し、2014年に死亡したフィリピン国籍のジョーイ・トクナンさん(当時27)について、岐阜労働基準監督署が8月、長時間労働が原因の過労死として労災認定していたことが、労基署への取材で分かった。

 労基署が昨年、遺族に書類を送り労災申請を促していた。外国人技能実習生権利ネットワーク(東京)によると、人手不足で低賃金の労働力としての実習生受け入れが拡大し、労働災害が増加している。実習生の過労死は10年に茨城県潮来市の金属加工会社で中国人実習生が労災認定された事例があり、同ネットワークによると全国2例目とみられる。

 岐阜労基署によると、鋳造会社の実習生としてジョーイさんは11年8月に来日し、鉄を切断したり鋳型に薬剤を塗ったりする作業に従事。14年4月に心疾患のため従業員寮で死亡した。同年1月末から3カ月間で、1カ月に96~115時間の時間外労働(残業)をしていた。

 労基署はジョーイさんが死亡したとの情報を受け、同年5月から鋳造会社に立ち入り調査を実施。労災に当たると判断し、昨年からフィリピンに住む遺族へ申請書類の送付や通訳の手配などの支援を続けていた。遺族には特別支給金300万円が支払われるほか、遺族年金が毎年約200万円給付される。

 厚生労働省と法務省によると、今年6月末の外国人実習生数は過去最大の約21万人。15年に法令違反を指摘された事業所数も3695カ所と過去最多を更新した。(日本経済新聞)

  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

 

最近のニュース ニュースカテゴリー 過去のニュース
事務所紹介動画
  • 労働問題Q&A
  • 最新人事労務サービス
  • お客様の声
  • 料金案内
  • 適性診断
  • 適性診断
  • メールマガジン
  • リンク

横浜の社会保険労務士
岡本経営労務事務所
〒227-0062
神奈川県横浜市
青葉区青葉台2-10-20
第2志田ビル3階
TEL:045-988-5155
FAX:045-988-5165
お問い合せフォーム