トップページ >最新人事労務情報

最新人事労務情報

介護保険改正案を提出 高所得者、負担3割に増

 政府は7日、介護保険の負担増を含む介護保険法などの改正案を国会に提出した。介護保険サービスを利用した場合の自己負担割合は、現役世代並みの所得があれば2018年8月から現在の2割が3割に上がる。高齢化で膨らみ続ける介護費を抑える狙いだが、野党はさらに負担が増える懸念から反発している。

 自己負担割合を引き上げることについて、塩崎恭久厚生労働相は7日の閣議後会見で「低所得者の負担は据え置いた上で制度の持続可能性を高めるため、負担能力に応じた観点から行う」と説明。対象は利用者の約3%にあたる約12万人の見込みだ。

 これに対し、民進党の山井和則国会対策委員長は同日の会見で「12万人に限るというが、法案には書かれていない」と指摘。対象者は法案ではなく政令で定めるため、「今後は国会審議を経ずに3割負担の対象をどんどん増やしていくことができる」との懸念を示し、国会審議でただしていく考えを示した。

 改正案は他に、高齢者や子ども、障害者向けの福祉サービスを一緒に受けられる「地域共生社会」の実現をめざす内容なども盛り込まれた。

 ■介護保険法などの改正案のポイント

 【2017年8月から段階的に】

 ・40~64歳の現役世代の介護保険料を変更。14年度実績で試算すると最終的に月額で大企業社員らは平均で727円増、公務員らは1972円増、中小企業社員らは241円減

 【18年度】

 ・8月から現役並みに所得のある高齢者(単身なら年340万円以上など)の介護保険サービス利用料の自己負担割合を2割から3割に

 ・高齢者も障害者もともに使える「共生型サービス」の導入

 ・医療の充実した新しい介護施設「介護医療院」の新設

                                                                             【朝日新聞】

 

  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

最近のニュース ニュースカテゴリー 過去のニュース
事務所紹介動画
  • 労働問題Q&A
  • 最新人事労務サービス
  • お客様の声
  • 料金案内
  • 適性診断
  • 適性診断
  • メールマガジン
  • リンク

横浜の社会保険労務士
岡本経営労務事務所
〒227-0062
神奈川県横浜市
青葉区青葉台2-10-20
第2志田ビル3階
TEL:045-988-5155
FAX:045-988-5165
お問い合せフォーム