トップページ >最新人事労務情報

最新人事労務情報

子育て支援の企業負担を緩和 労災保険料1300億円下げ 18年度から、厚労省方針

 厚生労働省は2018年度から労災保険料率を引き下げ、企業の負担額を現在より年約1300億円減らす方針を固めた。雇用保険料率の引き下げ分と合わせると、労働保険による企業の負担額は年3000億円規模で軽くなる。政府は企業側に子育て支援に充てる3000億円の追加負担を求めたが、今回の措置で負担感を和らげる。

 労災保険料は全額が事業者負担で、3年に1回料率を改定している。現在の保険料率(全業種平均)は0.47%。前回改定では0.01ポイント下げ、年約280億円の負担軽減になった。

 料率は労働事故の発生状況をみて変更する。今回は事故件数が減少し、保険財政が堅調に推移していることから、約1300億円を捻出する。12月中旬の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)に示す。

 厚労省は今年度から3年間、労使折半で負担する雇用保険料の料率を0.8%から0.6%に引き下げる。企業側の負担はすでに年約1700億円を軽減している。政府が経済界に求める保育所整備などの負担は3000億円だが、労災保険料の大幅な引き下げで企業側に配慮する。

 経団連の榊原定征会長は11月30日、政府の「人生100年時代構想会議」で企業側が子育て支援のために負担することに同意した。安倍晋三首相はこの際、企業側の負担を和らげるため労働保険料率の引き下げを検討すると表明した。人づくり革命に必要な財源は年2兆円としている。【日本経済新聞】

 

  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

最近のニュース ニュースカテゴリー 過去のニュース
事務所紹介動画
  • 労働問題Q&A
  • 最新人事労務サービス
  • お客様の声
  • 料金案内
  • 適性診断
  • 適性診断
  • メールマガジン
  • リンク

横浜の社会保険労務士
岡本経営労務事務所
〒227-0062
神奈川県横浜市
青葉区青葉台2-10-20
第2志田ビル3階
TEL:045-988-5155
FAX:045-988-5165
お問い合せフォーム