2019.12.18

   

旬な労務情報をお届けするプログレス労務情報を更新しました。

 

<人事労務ニュース>

 

 

高校新卒従業員の39.2%、大学新卒従業員の32.0%が入社3年以内で離職

 

 

有効求人倍率が1.57倍(2019年10月)と、依然として高止まりしており、売り手市場が続いています。改めて既存の従業員の定着促進が重要なテーマとなりますが、現実には多くの社員が短期で離職している状況が見られます。このような中、厚生労働省より、2016年3月に卒業した新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況について取りまとめられた資料が公表されたことから、この内容を見ておきましょう。

 



    

 

   

→続き