「うつ」という言葉を聞かない日はないこの頃ですが、うつ病が深刻な病気のひとつとして社会で認知されるようになったのはまだ近年のことです。

その原因の特定や対処法も含め未解明な部分がまだまだ多く存在しています。


原因が仕事上の事に限られるわけではないので、「メンタルヘルス問題」はどんな会社でも起こりうることと認識し、「我社は大丈夫」「この社員は大丈夫」などと思いこまないで、問題が起こる前に就業規則を含め人事・労務諸規程の見直しや作成、研修等万全の準備をしておく事が非常に重要になってきます。

特に最近は「新型うつ」と呼ばれるものもあらわれてきていて、今までの就業規則では対応しきれないものも多くなっています。

当事務所は、そのような現代、そして将来の労務リスクの回避まで見込み、より良い労使関係を築くために就業規則の見直しや改訂とともに、職場復帰まで支援プログラムを作成し、積極的に会社を守るためのご提案をしています。

メンタルヘルス対策は豊富な経験を持つ当事務所へお任せください。

(1)専門家と提携できるかが重要なポイント   

▼詳細はこちら

(2)たとえば、休職措置、復職判断で大切なことは?

▼詳細はこちら

(3)企業には安全配慮義務がある        

▼詳細はこちら

(4)メンタルヘルス対策の具体的取り組み

~ 予防・早期発見・早期対応へ~        

▼詳細はこちら

(5)企業のリスクは…             

▼詳細はこちら