トップページ >労働問題Q&A >行方不明の従業員を自動退職にする手続きは

労働問題Q&A

行方不明の従業員を自動退職にする手続きは

次のいずれかの状態で、従業員本人の退職意思がきちんと確認できない場合は、どのように取り扱ったらよいでしょうか。

①無断欠勤が続き、会社が電話、メールをしても従業員本人と連絡がとれない場合

②一言、退職する旨のことを同僚や上司に言って会社を飛び出し、そのあと連絡がとれない場合

就業規則に下記の規定を設けておきます。この規定のポイントは、従業員本人の所在がわからなくても、また、意思の確認ができなくても、一定期間を経過すれば自動退職になるところにあります。

「2週間の無断欠勤」としたのは、次の理由からです。労働基準監督署長が解雇予告除外認定できる事由の一つに「原則として2週間以上正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促に応じない場合」とあるのを考慮したものです。

規程例

(退職)

第○○条 社員が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、退職とする。この場合、退職の日は、次の各号に定める事由に応じて、それぞれ定められた日とする。

案1

社員本人または、家族から会社に対して何ら連絡のないまま欠勤が14日以上続いたときは、その翌日をもって自動退職とする。

ただし、天災地変、重傷の私傷病等により会社に連絡をすることが困難な場合は除く。

案2

無断欠勤が14日間に及んだときは、退職する意思表示をしたものとみなし、14日経過の翌日をもって退職とする。