トップページ >最新人事労務情報

最新人事労務情報

石綿労災で遺族逆転勝訴、校舎原因と認定 名古屋高裁

 教諭だった愛知県の男性(当時64)が中皮腫などで死亡したのは校舎のアスベスト(石綿)が原因だとして、遺族が労災を認めなかった国の処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が11日、名古屋高裁であった。藤山雅行裁判長は遺族側の請求を棄却した一審・名古屋地裁判決を取り消し、労災と認めた。遺族側が逆転勝訴した。

 遺族側の弁護団によると、校舎内での石綿暴露で教員の労災を認める判決は2例目。高裁では初めてとみられる。

 藤山裁判長は判決理由で、男性が勤務した30年余りの間、頻繁な校舎の工事によって飛散した石綿の粉じんに暴露したと指摘。「学校での業務に内在する危険が現実化した」として中皮腫の発症との因果関係を認めた。

 一、二審判決によると、教諭は1961年から愛知淑徳学園(名古屋市千種区)の中学・高校で勤務し、2001年に死亡した。06年に妻が労働基準監督署に労災認定を求めたが、労基署は認めなかった。

 16年の一審判決は、男性が石綿に暴露したのは工事中の校舎内で仕事をした約8カ月間にとどまると判断。「労災認定の基準である1年以上の暴露」を満たしていないとして遺族側が敗訴した。

 記者会見した男性の妻は「夫の無念を晴らせてうれしい」と語った。厚生労働省は「判決内容を確認し、今後の対応を判断したい」とコメントした。【日本経済新聞】

 

  中小企業経営者協会 岡本経営労務事務所
URL: http://www.chukeirou.jp/ http://www.e-syarousi.com/
mail: chukeirou@gol.com
TEL: 0120-176-606(平日9~18時)

最近のニュース ニュースカテゴリー 過去のニュース
事務所紹介動画
  • 労働問題Q&A
  • 最新人事労務サービス
  • お客様の声
  • 料金案内
  • 適性診断
  • 適性診断
  • メールマガジン
  • リンク

横浜の社会保険労務士
岡本経営労務事務所
〒227-0062
神奈川県横浜市
青葉区青葉台2-10-20
第2志田ビル3階
TEL:045-988-5155
FAX:045-988-5165
お問い合せフォーム