勤務間インターバル制度ってどんな制度?

回答

「勤務間インターバル制度」とは、労働者の方の終業時刻から、次の始業時刻までの間に一定時間以上の休息時間(インターバル時間)を設ける制度です。

勤務間インターバル制度を導入することにより、労働者の睡眠時間や生活時間を確保し、健康の確保と能率的な勤務が可能になります。

制度を導入するためには、対象者、休憩時間数、休憩時間が次の勤務時間に及ぶ場合の勤務時間の取り扱いなどついて、労使で話し合いを行う事が重要です。